出典元windy-windy.net

あの「あっぱれさんま大先生」で人気を博した山崎裕太さんが取材で番組を辞めたかったけど辞めれなかった理由について告白。

その理由がヤバいと話題になっています。

という事で今回は「山崎裕太さんがあっぱれさんま大先生を辞めれなかった理由」と「嫁や子供の有無などについて調べてみました。

スポンサードリンク


山崎裕太が「あっぱれさんま大先生」を辞めれなかった理由

山崎裕太さんが「あっぱれさんま大先生」を辞めれなかった理由は母子家庭で貧乏だったのです。

山崎さん曰く子供の頃は仕事をやりたくないと毎日思っていたそうです。

なんせ忙しくて学校もあまり行けない、好きなサッカーもできない上に番組の収録は毎週日曜日なので友達とも遊べないと正に三十苦。

母親には「もうやだ!やりたくない!」と泣きついた事もありました。

そんな山崎少年に対して母親が言い放った一言が衝撃的ですよ!

母親「お前が働かないと弟が学校に行けない」

正直言って小学生相手に親が言う言葉ではありませんねえ。

山崎裕太さんが子供の時は母子家庭でした。

しかし実際に山崎裕太さんが「あっぱれさんま大先生」で仕事をしないと弟の学費が働けないほど生活が困窮していたかと言うと本人曰く「そんなことはなかったと思います」とのこと。

どちらかと言うと「芸能界の仕事をしていれば儲かるので働かされていた」という感じだったそうです。

山崎裕太が「あっぱれさんま大先生」を辞めなかった理由

「あっぱれさんま大先生」を辞めたくても辞めれなかった山崎裕太さんに転機が訪れます。

なんと母親が再婚したのです!

本人も「これで辞めれるな」と思ったのですが母親と再婚相手との間に妹が生まれます。

それにより「もし何かあったら妹がご飯を食べれなくなるんじゃないか?」「というかぶっちゃけ自分は勉強も苦手だし運動も一番じゃないし周りの子に勝てるものなんてないから、この仕事しかないんじゃないか?」と気づいたのです。

本人が負けず嫌いという事も実力主義の芸能界に向いていたんでしょうね!

スポンサードリンク


山崎裕太の「あっぱれさんま大先生」の卒業後と現在は?

「あっぱれさんま大先生」は96年に番組が終了。

この後は俳優としての道を歩みます。

子役は大成しないというのが定説ですが、今年で芸歴35周年を迎え数々のドラマ、映画、舞台で活躍中です。

今年の3月には一人芝居「赤ずきんちゃんのオオカミ」に挑戦します。

普段の生活もストイックで俳優としてのパフォーマンスを下げないためにグルテンとカフェインを摂取しない生活を3年続けている模様。

パン、粉モノ、うどん、パスタは食べない。

飲み物も水素水かルイボスティーです。

しかもここ1年は毎日10キロ走って疲れない体作りに専念している山崎裕太さん。

同世代として見習いたいですが、こんなストイックな生活は僕には無理ですねw

山崎裕太が「あっぱれさんま大先生」を辞めれなかった世間の反応は?

芸能人にもこんな堅実な人が一生懸命、役者をやってるのをみると、目からウコロがおちる気分になって、応援したくなりますね。
頑張ってください。
ゆうたくん、好きだったなぁ。
小さい頃から、ちょっとやんちゃで不良っぽいキャラクターだったけど、妹思いで、小さい子に優しかったなぁ。子供が好きと言うのを聞いて思い出しました!!
同窓会スペシャルやってほしい!!
同世代ですが、ヤンチャっぽい裕太くん、初恋かと思うほど好きでした(笑)
大人になってたまに刑事役かなんかで見ると嬉しかった。
しかし裏ではいろいろ大変だったんですね。
あと、記念樹って歌が好きだったなー。
こんなに長くこの仕事を続けているのは純粋にすごいと思います。
あっぱれさんま大先生の当時は、きっとどの子供にも複雑な思いがあったのだろうな。
でも、本当に面白くて大好きな番組、大好きな子供たちだったんですよー!ぜひそれを知っていてほしいな。ありがとうと伝えたい。

いまYouTubeで「あっぱれ」の動画がたくさん見られるようになっています^ ^
今見てもすごく面白いですよ

あっぱれ見てました。
その後もドラマにも出てたりして姿を見かけるとなんかうれしかったです。
最近名前見ないな…と思ってたらテレビで見かけることがあり、長く活躍してるんだなって思いました。
ゆうたくんは小さい頃から見てるので活躍してると嬉しいです。これからも頑張って欲しいです。

最後に

という事で今回は山崎裕太さんが「あっぱれさんま大先生」を辞めれなかった理由と現在について調べてみました。

あまり大きな声では言えませんが「あっぱれさんま大先生」はYouTubeで動画が見れるそうなので気になる方は、見てどうぞ!

自分の家族のためにも俳優として頑張って欲しいですね。

以上

スポンサードリンク