巨人・山下航汰選手の移籍先はどこ?選手としての特徴は?

巨人の山下航汰選手が退団した事により移籍先はどこになるのか、野球ファンの間で話題になっています。

育成契約の山下航汰選手が何故そんなに話題になっているの?

この山下航汰選手はただの育成選手ではなく、とてもロマン溢れる若手野手なのです。

では一軍での実績はほぼゼロの山下航汰選手が何故こんなに話題になるのか、そして移籍先はどこが良いのかなどについてまとめてみたのでぜひ最後まで読んで下さい。

目次

【巨人】山下航汰のプロフィール

名前    山下航汰(やましたこうた)

出身地   大阪府柏原市

出身高校  健大高崎高校(群馬県)

生年月日  2000年11月15日

身長/体重  174cm/83kg

投打    右投左打

ポジション 外野手、一塁手

プロ入り  2018年育成ドラフト1位

年俸    510万円

【巨人】山下航汰の選手としての特徴は?

山下航汰選手は2018年育成ドラフト1位で巨人に入団します。高卒1年目でありながら二軍で活躍し、53試合で打率.316、3本塁打、18打点の好成績を残し支配下登録を果たします。

8月2日に一軍登録されるものの、出場機会は一度もなく二軍に降格したのですが、最終的に二軍成績は90試合で打率.332、7本塁打、40打点の成績を残し92年イチロー以来の高卒1年目で首位打者に輝きます!

これにより、山下航汰選手が注目を浴びる存在となり、原監督からは2020年の開幕一軍を期待され、内田コーチからは「オリックスの吉田正尚のような選手になれる」と太鼓判を押され、巨人ファンの期待は広がるばかりでした。

しかし2020年5月20日の打撃練習中に、右手の痛みを訴え病院に行くと有鈎骨骨折が判明し、開幕一軍の夢は絶たれ、それ以降は怪我に悩まされる日々を送ります。

そして2020年オフに再び育成契約になります。そして今季(2021)は二軍で21試合に出場し打率.226、1本塁打、6打点。巨人の球団からは来季も育成契約を打診されたのですが、山下航汰選手は他球団での支配下登録を目指して巨人を退団する事になったのです。

「未来のスラッガー」として期待された山下航汰選手、高卒1年目で二軍の首位打者ですからバッティングに関してはとてもロマンがあります。

しかし懸念されるのは怪我の多いスペ体質である事で、山下航汰選手はプロ3年間で7度の怪我に苦しんでいるのがネックですね。

また山下航汰選手は肩が弱く守備が相当下手なようでメインの外野守備は村田コーチ曰く「バイトレベル」と言われるほどで、山下航汰選手の特徴を一言でまとめると打撃に全振りした選手という事です。

【巨人】山下航汰の移籍先はどこ?

そんな山下航汰選手ですが、どの球団に移籍するのか?本人は支配下登録を希望しているようですが怪我が多いだけなく守備が下手となるとセリーグよりもDHのあるパリーグに移籍した方が本人にとって良いかと思います。

しかし山下航汰選手の打撃に関しては打高投低のイースタンリーグでの成績なので信用できないという意見も見られます。

山下航汰選手の本心は分かりませんが支配下での契約は厳しく育成での契約が現実的でしょう。

しかし山下航汰選手は、プロ3年目の21歳とまだ若く高いポテンシャルを持っているので「ロマンを買いたい!」と考えている球団が獲得してくれる事を願っています。

個人的にはパリーグであれば来季オフにFA権を取得する森友哉選手が所属している西武なんか良いんじゃないでしょうか。

巨人・山下航汰の退団報道を受けてネットの反応は?

山下航汰選手の退団報道を受けてプロ野球ファンはどんな反応なのか、軽く見てみましょう。

やはり山下航汰選手は将来が期待されている選手というのがひしひしと伝わりますね!

【巨人・山下航汰の特徴や移籍先について】最後に

今回は巨人・山下航汰選手のプロフィールと特徴と移籍先についてまとめてみました。

果たして山下選手はどの球団に移籍するのか今後も注目ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる