常盤貴子さんが19日、都内で行われた4月スタートの新番組「京都画報」記者会見にて京都が大好きとコメント。

同時に京都特有のマナーの洗礼を浴びた事も話されました。

それは京都のお店を紹介してもらって、すごくいいお店でした。

そして次が友達と行ったら、お店を紹介してくれた人に激怒されたのです!

この内容は京都人の僕も衝撃的(; ・`д・´)

その洗礼とは、一体どんな内容なのでしょうか?

スポンサードリンク

常盤貴子 洗礼!その詳細について

それでは、常盤貴子さんが京都で洗礼を浴びたマナーの内容はコチラ↓

「なんで失礼かわからなかった」と首をかしげる常盤だが、その理由について「京都のルールとしては一度紹介してもらったら、その人に断りを入れて『また、行かせていただいていいですか』と言うのが礼儀。人付き合いってそういうもんなんだと、『京都は厳しいな~』って。教えていただいてよかったことです」と反省しつつ前向きに捉えた。
引用元yahoo.co.jp

いや~、僕も京都出身なのですが、こんなマナーは聞いた事ないぞ(;^ω^)

これは多分、生まれも育ちも京都市内の年よりなんじゃないかなあと思われます。

記者会見に同席していたKBS京都の番組プロデューサーも、常盤貴子さんが洗礼を浴びたマナーについて「あまり聞いた事ない。よっぽどその人が厳しかったのかも」と、知らない感じ。。。

常盤貴子さんは最終的には「まあ京都の人はそういうかも!」と返答。

同時に「人付き合いの面白さもありますね!京都人の密かな楽しみ。想像以上にややこしいけど、ややこしさの裏には思いやりがあったり、そういう事を知ることで京都人を知るキッカケとなった。そういう(マナーの厳しい)人達だからこそ、こういった町を守り続ける事ができるんだな」と納得されていました。

まあ、こんなマナーの厳しい人なんか希少種です。

京都人全員が、こんな厳しい訳ではありませんよ。

常盤貴子 洗礼を浴びた店はどこ?

しかし常盤貴子さんが紹介されたお店は一体どのお店なんでしょう?

気になりますよねえ、ただ結論から言うと分かりませんm(__)m

ただ常盤貴子さんが気に入るようなお店だし、紹介した人もマナー厳しいから敷居の高いお店である事は確かです。

例えば嵐山とか祇園にある一見さんお断りのお店ですよ。

嵐山の湯豆腐店なんか一見さんお断りの店ばかり・・・地元の俺も言った事ない(‘Д’)

誰か紹介してくれ!ちゃんとマナー守るからw

スポンサードリンク

常盤貴子 洗礼に対する世間の反応は?

それでは常盤貴子さんが洗礼を浴びた事に対する世間の反応を見てみましょう。

うわっ、めんどくさっ
観光は良いけど、京都に住むのは絶対イヤ。
見栄っ張りしかいないイメージで、マウンティングで疲れそう。
あー、本当に面倒だわ、京都人は。
京都がいつでも1番やおもとりはりますから、
マジ面倒。
京都のしきたりが、全国のしきたりと思ってらっしゃるから、、、。
そんな決め事は わからん地方の人にまで当てはめられてもね。 教えてもらえなかったら なんで怒られたのかもわからん。
だから 京都は苦手で行かない。いつも通過だ。
回りくどい言い方が 嫌味な言い方しかでけへんのやなって思ってしまう
京都に進学や転勤で行った人は皆口を揃えて、また住みたいとは思わないと言います。大変な文化だなと思います。
京都人同士でないと付き合いは難しいかな。
若かりし頃に京都へ旅行に行ったことがあり、あるデパートへ入ったんだけど、店員さんがツンケンしてて、質問しても、聞こえないフリをしているのかなかなか対応してもらえなかったことがあった。他の場所でも同じような体験をして、あれから京都には全く行きたいと思わなくなった。風土的に難しい土地柄だと思う。
昔、京都に家族で住んでいた時、母親が「京都人は腹を割って人と付き合わないし、はっきりものを言わないし、味付けは極端に薄味であんまり美味しくないし‥。」と笑っていました。
常磐さんが行かれたお店は一部の高級店だと思いますが、これからはそういう店に大金をはたける人も少なくなってくるから、そのうち淘汰されますよ。

常盤貴子 洗礼..最後に

はい、という事で今回は常盤貴子さんが京都特有のマナーによる洗礼を浴びた事について書きました。

いや~、世間の反応を見る限り・・・京都、嫌われすぎやろwww

でも京都にずっと住んでて上のコメントに書いてあるようなイケズな行為を受けた事はないですねえ。

ただネットで言われているような事って、かなり誇張されているなあと思います。

というか良い事よりも悪い事の方がインパクト強いからそう思えてしまうのかも知れませんが。

しかし一見さんお断りのような高級店となるとマナーは厳しいみたいなので、皆さんお気を付けください。

以上

スポンサードリンク