短歌ブーム到来!人気の理由はSNSの影響だけじゃない!

最近になって短歌ブームが再来しているようですね!

2021年12月の今野書店の売り上げで、木下龍也さんの「あなたのための短歌集」が1位になるほどです。

今回は短歌ブームが到来した理由で、SNS以外に何があるのか調べてみました。

(アイキャッチ画像出典元https://th.bing.com/tCompose A Poem Haiku Tanka Close Up ストックフォト – Getty Images)

スポンサードリンク
目次

短歌の魅力について考察

短歌は、ご存じのとおり「五・七・五・七・七」の三十一文字で構成されています。

百人一首に代表され、同じ文字数で構成される「和歌」には枕詞(まくらことば)が必要ですが、短歌には要りません。

いざ、自分で作ってみようと思った時に、様々な制約が少ない分、ハードルは低めとなっています。

1987年の短歌ブームについて

出典元https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=360740709

俵万智さんのサラダ記念日の影響で、1987年に第一次短歌ブームが来ました。

サラダ記念日は、なんと250万部も売れる大ヒットを飛ばしました!ちなみに同年に発売された村上春樹さんの「ノルウェイの森は242万部の売上です。

当時も、短歌を詠む人は増えたそうですが、今ほどのブームにはならなかったようです。

今回は、大学でサークルが次々に誕生したり、ツイッターで投稿する人も増えているほど、大きなブームになっています。

短歌の具体的な3つの魅力

ここでは短歌の具体的な3つの魅力について掘り下げていきましょう。

①手軽であること
②個人の体験や感性で、日常の光景を詠むため、共感しやすいこと
③オチを書かないので、読む人が自由に解釈でき、想像を膨らませられること

特に二つ目は、SNSでの”イイね”に通じるものがありますね。

短歌ブームはZ世代が生み出した!

短歌や俳句など和歌を作って楽しむというと、お年寄りの姿を想像しがちです。

でも、今のブームの中心にいるのは、実はZ世代と呼ばれる若い人たちなのです。

Z世代とは、1990年代後半から2010年前半生まれの世代のことです。
幼いころからネットに触れているため、ネットリテラシーが高い特徴があります。

デジタルネイティブであるZ世代の若者が、アナログなイメージの短歌にハマっているというのは、面白い現象と言えます。

短歌ブームの始まりはツイッターやインスタなどのSNS

短歌ブームはTwitterやインスタなどのSNSから始まりました。

Twitterやインスタで、ハッシュタグをつけて短歌を投稿するイベントが多くあります

Twitterは140字という文字数の制限が付いており、31文字だけで表現できる短歌と非常に相性が良いです。

内容に合わせた背景の写真を使って、短歌を投稿しているのが多く見受けられます。

また、インスタから人気が出て書籍化もされた「54字の物語」もあります。

アイドル歌会

出典元https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000078692.html

老舗雑誌「短歌研究」が創刊90年のイベントとして、アイドル歌会を開催する予定です。

今年2022年1月にも開催されており、次の開催が5回目になります。

2022年1月に開催されたアイドル歌会は二部構成でされています。
①アイドルとファンが短歌を持ち寄り、鑑賞して投票。
②アイドルが作った上の句と下の句に、ファンが句を付ける。

かなり好評のようで、短歌ブームに火をつけた一因と言えるでしょう。

スポンサードリンク

SNS以外の短歌ブーム再来の2つの理由

短歌ブームの始まりはSNSですが、それ以外の2つの理由について解説します。

短歌にエモさを感じて人気上昇

エモい」という言葉を、今では知っている人も多いのではないでしょうか?

これも若者が作った言葉です。

あるものを見たりして、なんか感動する。
ノスタルジックな感じがするという時によく使われます。

明確な定義はなく、本人の感覚でエモいという言葉は使われています。

若者の言葉はよく分からん。

短歌を見て、このエモさを感じる若者も多いようです。

はっきりとした書かれ方がされている短歌は少なく、想像力が掻き立てられます。

恋愛系の短歌を見て、想像してキュンキュンするという楽しまれ方も考えられますね。

古いものを一周回って好む

かなり前に流行ったものが、令和になって注目されているというケースも非常に多いです。

「サラダ記念日」がブームになって35年、今回の短歌も、その一例かもしれません。

お金のニオイがするな。

まとめ・短歌ブーム到来?!人気の理由はSNSの影響だけじゃない!

今回は短歌ブーム再来などについて調べました。

ネットリテラシーが高いZ世代の間で人気になっており、ツイッターやインスタを使って短歌に触れている様子が見受けられます。

SNSだけでなく、若者ならではの感受性も短歌とリンクしていると思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる