NHK「みんなのうた」の選曲の方法が話題を呼んでいます。

みんなのうたと言えば昨年は「パプリカ」の大ヒットで再び注目を浴びた大人気音楽番組と言っても過言ではないでしょう。

そんな人気番組に楽曲を提供したいと思っている歌手も沢山いるのではないでしょうか?

という事で今回は「みんなのうたの意外な選曲の条件」について書いていきます。

スポンサードリンク

みんなのうた 選曲の条件

1961年4月から放送開始されたNHK「みんなのうた」

来年でついに記念すべき60年を迎える長寿番組なのですが、今後も沢山のヒット曲を生み出す事は間違いないでしょう。

そんな「みんなのうた」の選曲の条件はコチラになります↓

◆うたのよさがすべて 肩書では選ばれない

 2019年は『パプリカ』のヒットで、さらに注目が集まった『みんなのうた』。放送される楽曲の選定は、制作したアーティストの知名度などに関係なく、“うた”だけで判断しているという。同番組プロデューサーの関山幹人さんは言う。

「知名度は低くても、“このうたは共感を呼ぶに違いない”という人も狙っています。その方が、新しいうたの世界を見つけられると思っているので。

 実際に、コブクロさんは『桜』がヒットする1年前の2004年に『永遠にともに』を、森山直太朗さんも2001年に、まだ直太朗と名乗っていたのですが…『高校3年生』を歌ってくださいました。『みんなのうた』から話題になる楽曲が生まれたら、最高ですね」(以下同)

 会議を経て、放送するうたが決まると、そこから映像を作り始める。あくまでも、うたそのものが主役で、歌手のミュージックビデオではないというのがポリシーだ。

「放送が始まった当時から、映像をつけることで、もっとうたや音楽のイメージを広げようという意図があり、いまもそれを受け継いでいます。

 それに、いまは音を消して、テレビの映像だけを流しているケースも多いので、映像に興味を持っていただき、改めてどんなうたか聴いてもらえたらという狙いもあります」

 映像は番組サイドで制作しており、楽曲制作者から「この人で」というリクエストがあっても断っている。

「特に、意識しているのはうたに寄りすぎないこと。説明的になりすぎず、行間からにじみ出るようなものを表現するようにしています。だから、あえて人間ではなく、動物のキャラを擬人化することもある。意識していることは、どんな映像をつけたら、いちばん、うたのよさがみなさんに届くのかということです」

引用元yahoo.co.jp

みんなのうた、と言えば楽曲の良さだけでなく映像も物凄く凝っていますよね。

曲がどんなに良くても映像で台無しになってしまったら元も子もありません。

しかし「みんなのうた」の映像は楽曲を更に良くするクオリティの高さを誇っていますね!

視聴者の中には音を消して映像だけ流している、もしくはBGM代わりにテレビを付けているだけで見ていないという人も多いです。

その視聴者のテレビに対する接し方まで考慮して番組が制作されているというのはさすがプロだなあと感心せざるを得ないですよ。

みんなのうたの選曲の条件が肩書きではなくあくまで曲の良さ、であるならいづれは完全な素人が作った曲が採用されるなんて事も将来あるかも知れませんよ。

「みんなのうた」の選曲の意外なメッセージ性

みんなのうたの選曲についてのこだわりとして、24時間テレビで流れそうなメッセージ性の強い選曲は避けるようにしているというのだ。

その理由は何故なんでしょう?

◆希望を持って踏み出せるうたを

 メッセージ性の強いうたも避けるようにしている。その理由は、“元気を出そうよ”や“頑張れ”などといったストレートなメッセージは、この番組にはなじまないと考えるからだ。

「うたによっては、抽象的だから、逆にわかりやすい映像にしようということもありますし、あえてイメージを広げるために抽象的な映像をつけることもあるんです。

 ただ、時代の空気や気分として、時には、応援するような曲もありだと感じています。というのも、東日本大震災も含め、各地で災害が起こり、世の中に閉塞感が漂っているのでは…と感じたときに『wish~キボウ~』(2019年)といううたを放送したらものすごい反響で…」

 このときもうたを作った藤田麻衣子(36才)とずいぶん話し合ったという。

「最初にできてきた歌詞には『大変だけど、みんな希望を持って行こう、自分から前に進んで行こう』というような強いメッセージが描かれていたんです。でも、人はそんなに強くないと思ったんですね。そこで、自分から何かを変えて行こうというのではなく、希望を持って、一歩でも踏み出せたら…といった表現で、作り直してもらいました」

 それに、いまは女性も活躍する時代。さまざまな視点での楽曲作りを心がけているという。

「時代にとらわれすぎることはありませんが、うたは気持ちにストレートに届いてしまうので、誰かが不快に感じることがないようにしています」

引用元yahoo.co.jp

なるほど、なんとなく分かりますよ。

若い頃はポジティブな応援ソングが好きだったのですけど年を重ねてくると押しつけがましい曲は聴いていて疲れます。

ましてや疲れていて頑張りたくない時に、そんな歌を聴くのは避けますよ。

製作スタッフと視聴者が良い距離感を保っているバランスの良い番組となっているんですね!

スポンサードリンク

みんなのうた 選曲に対する世間の反応は?

最近の花さかにゃんことケチャップチャップの日はどちらも子どもとても食いついてたし
大人も耳にも残ってつい口ずさんでいた

花さかにゃんこは去年4月に放送されて今もう3回目だと思う
長く愛される曲になりそう
アニメも可愛い

あとから「みんなのうた」から生まれた曲だと知ることも多いです。
みんなのうたと名曲アルバムは、長くつづいてほしいと思います。
なるほど。納得しました。
素人は説明する歌詞になりがち。プロは想像させる世界を作る。
以前、楽しい子どもが喜ぶ「花さかにゃんこ」が、よく聞けば恐い内容だと話題になっていた。これも受け手の感性を広げる佳作です。みんなのうたではないけれど、「およげたい焼きくん」が脱サラの悲劇を暗示していると評判になったのが、好例ですね。
作り手はそこまで考えてはいないけれど、多様な反応があるのなら成功だと思っています。
昔からよく聞いていましたが、その時代により曲の好みが変わってくるので、子供、大人にも受け入れられる曲がいい、自分は、およげたいやきくんが、今でも流れると聞いてしまいます。
この番組を目掛けて観ることはなかったけど、小学生の時、具合悪くて学校休んだ時とか昔のNHK教育を観るのが好きで自然と耳に入ったりしてたな。
今も昔の曲を放送することあるけど、懐かしいって思う。それが普通に出来るのもEテレならではかもね。

みんなのうた 選曲!最後に

という事で今回は「みんなのうた」の選曲について書きました。

最近のテレビ番組は昔以上に芸能事務所の力関係やゴリ押しで決まる傾向が強いように思えます。

そのせいでテレビ離れが加速する一方です。

他局は、みんなのうたの製作スタッフの姿勢を見習ってほしいと思います。

以上

スポンサードリンク