木下ほうかが結婚しない理由は離婚が怖い!?韓国人である噂は本当か調べてみた!

性加害報道で無期限の芸能活動休止となられた俳優の木下ほうかさん。

見る者の心に強烈な印象を残してきた日本を代表する名バイプレイヤーの一人です。

今回は、そんな木下ほうかさんが結婚しない理由と韓国人という噂について調べたので興味ある方は是非最後まで読んで下さい。

(アイキャッチ引用元URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/0c2fdca5c1f0033467a17f1cd66afd478e4f5e14)

スポンサードリンク
目次

木下ほうかのプロフィール

画像引用元URL:https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/d3861413cfe508d380feb7971c9b6b1f-450×442.jpg
本名木下鳳華 ( ※本名、芸名ともに読みは同じ
生年月日1964年1月24日(2022年時点で、58歳)
出身地大阪府 大東市
身長174センチ
血液型O型
最終学歴大阪芸術大学 芸術学部舞台芸術学科卒業
Twitterhttps://twitter.com/kinoshita_houka
YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UC9vmNCPJOJ8oHyYhcX0q5NA
インスタグラムhttps://www.instagram.com/kinoshita_houka/?hl=ja

木下ほうかさんは、16歳の時に、オーディションで合格した「ガキ帝国」で俳優デビュー。

吉本新喜劇に所属するも、頭角を表せない日々が続きます。

1989年、親友の島田紳助氏の助言もあって、東京に拠点を移し、関係者に自ら名刺を配るなどの地道な努力により、名バイプレイヤーとして数々の作品に出演されてきました。

有名な作品では、「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」や、「痛快TV スカッとジャパン」などがありますね。

スカッとジャパンで演じていた、イヤミ課長は強烈に印象に残ってるわ!

木下ほうかが結婚しない理由は何?

木下ほうかさんが結婚しない理由については、本人はコメントしています。

僕は結婚したら絶対離婚したくないので、結婚には慎重です女性とのLINEのやり取りも傷つきたくないからスタンプだけ送ったりしてます」

傷つきたくないから変に距離をとってしまうのはわかるなぁ〜

独特な顔だし好き嫌いがハッキリ分かれそうよね。。。

そしてご自身が自分の性格を「ネチネチとした性格」と言っています。

そのあたりも女性に対して慎重になってしまう要因の一つかもしれませんね。

スポンサードリンク

木下ほうかが韓国人という噂について

出典元https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2078911/

まず木下ほうかさんの名前が韓国人と考えられているようです。

名字の「木下」ですが、朴(パク)姓の在日韓国人が、日本での通名に使用している例があるということ。

また「鳳華(ほうか)」と言う名前も、日本では1990年までは人名用漢字として受理されていません。

それ以前に生まれたほうかさんは、1990年に日本に帰化してこの漢字での名前に変更したと言う説があります。

また、2000年の映画『sWinG maN』にて、主演俳優兼プロデューサーをされており、プロデューサーとしての名前が、”李鳳華”になっていたこと、

舞台挨拶で、暗にほうかさんが、在日韓国人であるとも取れるやりとりがあったなどのことも、在日韓国人だと推測されている理由のようです。

差別意識はなくても、やっぱ実在の人や漫画のキャラクターのルーツって気になることあるよね。

えー!悟空って地球人じゃなくてサイヤ人だったの! 一護ってクインシーと死神のハーフだったの!みたいな好奇心ね!

まとめ

今回は木下ほうかさんが結婚しない理由と、本当は韓国人という噂について調べました。

  • 木下ほうかさんは現在独身。 結婚に対して慎重になりすぎているだけで結婚願望がないわけではなさそう。
  • 木下ほうかという名前からして、間違いなく在日韓国人である。

追記

2022年4月現在、木下ほうかさんは性加害報道により活動を停止されています。

事の真偽は別にして、味のある実力派俳優だと思うので、ぜひまた芸能界に復帰して、素晴らしい演技で魅せてほしいと個人的には思います。

イケメン俳優は飽和するくらいにあふれてるけど、ほうかさんのように、積み重ねられた経験値を感じさせてくれる俳優さんって、とても貴重な存在だと思うのです。勿体無いですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる