ブログを始めたけど、Googleのアドセンス審査に通らなくて挫折しそうという人は多いですよね?

またアドセンス審査に通らない原因が分からなくて悩んでいる人も沢山います。

今回はGoogleアドセンス審査に通る12のコツについて解説したのでぜひ参考にして下さい。

ワードプレスでブログを作る

Googleアドセンス審査を受けるには、無料ブログではなく有料ブログ作らないといけません。

有料ブログを作るにはレンタルサーバーに申し込んでドメインを追加しましょう。

「レンタルサーバーと言っても沢山あるから迷う」という人は、僕も使ってるコノハウイングをオススメします。

ドメインも色々あって高価なものもあります。しかし最初は「~.com」を購入しておけば間違いありません。

サイトマップを設置する

サイトマップとは、その名の通りブログの内容や構成をユーザーや検索サイトに説明する地図のようなものです。

サイトマップをブログに設置してGoogleに対して、アナタのブログの記事をちゃんと知らせてあげましょう。

プライバシーポリシーを設置する

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をブログ内に設置しましょう。

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取り扱いの方針を明文化したものをいいます。

出典元:https://www.koho.or.jp/useful/qa/sonota/sonota03.html

ここではプライバシーポリシーについて理解する必要はありません。

とりあえず、このブログに貼ってあるプライバシーポリシーをコピペして使用していただいてOKです!

問い合わせを設置する

次に問い合わせを設置してブログ管理人であるアナタに対して、誰でも連絡できるようにしましょう。

問い合わせの設置方法に関しては、「contact form7」というプラグインをインストールしておこないます。

プロフィールを作る

プロフィールを書いてサイドバーに設置しましょう。

「どうしてもプロフィールが書けない!」ブログ内にある僕のプロフィールを参考にして下さい。

それでも書けない方は「氏名」「出身地や住んでる場所」「年齢」」「趣味や特技」を書ける範囲で書いておけば問題ありません。

ちなみに主観ですが、顔写真はイラストではなく自分の顔写真を掲載した方が審査に通りやすい気がします(これは嫌ならやる必要なし!)

アドセンス審査に通ったら顔写真を削除して別のイラスト写真に変えれば大丈夫です。

Googleサーチコンソールに登録する

Googleサーチコンソール(以下、略してサチコン)は、Google検索キーワードの表示回数・順位の推移・ブログの問題点を確認できます。

サチコンの登録は僕自身も非常に苦戦を強いられたので、なかなかできない人もいると思いますが粘り強く作業を行なってください。

余談ですがサチコンは登録さえすれば最初は放置しておいて大丈夫です。

最初からアクセスなんて集まらないのでサチコンの画面をじっと見ている暇があるならひたすら記事を書きましょう。

ジャンルは一つにしぼって記事を書く

Googleは、雑記ブログより特化ブログの方が専門性があるので好きです。

Googleに気に入ってもらえるように最初は1つのジャンルに絞って書きましょう(Twitterを見ているとこれができていない人が多い)

「趣味も特技もないから書けない」という人は、自分の住んでる地域に特化した記事を書くことをオススメします。

文字数は最低でも1記事1500字以上

1記事に要する文字数は最低でも1500字は頑張って書くようにしましょう。

最初は記事に書くのが慣れていないせいで1500字は長く感じると思いますが、これは記事を書いて慣れるしかありません。

将来、上位表示させたいなら文字数の多い記事を書くスキルは必須です。

「いやいや、記事タイトルに沿った内容さえ書けば文字数は関係ないというのは確かにその通りです。

しかし上位表示されるような記事は文字数も多いものです。『文字数が多い=情報量の多さ』という認識を持っておいてください。

アフィリリンクなどは貼らない

アドセンス審査に通る前に、アフィリエイトの広告リンクは貼らないようにしましょう。

SNSやブログランキングのURLも念のために貼らない方が無難だと思います。SNSなどで記事URLを貼って宣伝するのはOKです!

アドセンス審査に何回も落ちるようなら、ブログランキングのバナーリンクを貼ってアクセス数を稼ぐ事を試してみましょう。

コピーペーストは絶対にしない!

他のブログ記事をコピーペースト(以下、コピペ)すると、Googleにコピーコンテンツと認識されるので絶対にやってはいけません。

アドセンス審査に通るにはコピーコンテンツではなく、アナタ自身のオリジナリティ溢れる記事を書く努力が必要です。

「オリジナリティ溢れる記事」と聞くと難して書けない人は、以下を参考にしてください。

オリジナリティ溢れる記事ネタ
  • 自分の住んでる地域の魅力やイベントについて
  • 自分の通っている学校や仕事の事について
  • 私生活で行なっていること(部屋の掃除や料理のコツ、節約術など)

ちなみに僕は大の阪神ファンなので、その日の試合を見た感想を5記事書いてアドセンス審査に通りました。

過去には「野球のルール(基礎編)」と「野球のルール{応用篇)」という記事タイトルで2記事書いて合格をしたこともあります。

画像や動画は著作権フリーor自分で撮影したものを使う

画像や動画は必ず著作権フリーのものを使用しないとアドセンス審査には通りません。

「著作権フリーの画像や動画って何?」という事ですが、『ぱくたそ』などのフリー素材を扱っているサイトの画像と、自分で撮影した画像や動画です。

無理して画像や動画を記事内に入れる必要はなく、アイキャッチ画像のみで大丈夫です。

更新頻度をしっかり守って最低5記事書く

一回もアドセンス審査に通ったことがない人は最低でも5記事を書いてから審査を受けて下さい。

そして作業ペースは人それぞれですが、更新頻度を守っている方がGoogleから高評価をもらう確率は上がります。

なぜ更新頻度を守っている方が評価が高いのかと言うと、例えば好きなテレビ番組の放映日時がバラバラだと大変ですよね?

「次の放送日はいつ?」と気になって毎日テレビ番組表を確認しないといけません。

更新頻度を守っているブログと守っていないブログ比較
  1. 「1週間で1記事更新」をしっかり守っているブログ
  2. 更新頻度がバラバラなブログ(例外あり)
  3. 1年かけて5記事更新したブログ

Googleはユーザーファーストなので、上記の例だと1が一番評価されるブログです。

2は更新頻度がバラバラなので、1より評価が落ちるとここで解説していますが、例えば2日で5記事書くようなハイペースなら話は別です。

3に関しては、更新頻度が守られていても遅すぎるので論外です。ブログはアドセンス審査に通ってからが勝負なのでさっさと5記事書きましょう!

最後に

今回はGoogleアドセンス審査に通るための12のコツについて解説しました。

どうやって記事を書こうか悩むと思いますが、とにかく当たり障りのない無難な記事を書くことです。

当たり障りのない無難な記事とは、誰が読んでも不快に思わない記事です。

どうしても分からない事があればコメントにて質問してください!