ET-KINGのメンバーは現在何人?活動休止理由とこれからの活動について

「愛しい人へ」、「ギフト」など大人気曲で有名なET-KING

3月にメンバーが書類送検されるというニュースがありました。

現在のメンバーや今後はどうなるのかについて調べましたので、興味がある方は最後まで読んで行ってください。

アイキャッチ画像出典元:https://natalie.mu/music/news/12815

スポンサードリンク
目次

ET-KINGのプロフィール

画像提供元:https://arty-matome.com/I0002836

ET-KINGは1990年にイトキン、TENN、KLUCHの3人で結成され、のちに、BUCCI、センコウ、DJ BOOBY、コシバKENが加入。

ボーカル5人、DJ1人、総合司会1人という珍しい構成で大阪で活動。

2006年メジャーデビュー、2007年に3rdシングル『愛しい人へ』で爆発的人気に。

2007年12月、第40回日本有線大賞において「ギフト」が有線音楽賞を受賞。

2014年4月29日の『ET-KING 結成15周年記念全国ツアー 〜おまえとおったらおもろいわ!〜』の公演後一旦活動を休止。

2015年7月に活動を再開する。

現在は4人で活動中のET-KING。

2014年の活動休止から、現在までの間になにがあったのか。

スポンサードリンク

ET-KINGのメンバーが4人に!?何があったのか?

https://et-king.com/sp/profile/index.html

ET-KING結成当時は7人での活動をしておりましたが、現在は4人に。

何があったのかを見て行きましょう。

メンバー2人の他界

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/21/kiji/K20120321002873640.html

2014年9月25日 にTENNさん、2018年1月31日 リーダーのイトキンさんの他界によりメンバーが5人になってしまったのです。

TENNさんは妻である元SPEEDの上原多香子さんの不倫が原因の自殺だったといわれております。

リーダーのイトキンさんは、2017年に肺腺がんが見つかり、闘病生活をしながらも音楽活動を続けておりました。

しかし、容態が急変しそのまま帰らぬ人となってしまったのです。

メンバーの脱退

https://www.oricon.co.jp/news/84585/photo/2/

2021年10月31日にBUCCIさんの脱退がありました。

理由としては、ソロ活動に専念したいとのこと。

ET-KINGほどの売れっ子になると知名度も上がり、ソロでの活動もかなり増えていきますし、ソロでやっていきたいという思うことも分からなくないですよね。

メンバー同士の不仲説が噂されるのですが、BUCCIさんの場合は違うみたいですね。

KLUCHさんの書類送検

https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoFm_TsTcGeeLfJ/

2022年3月にKLUCHさんの逮捕されるというニュースがありました。

メンバーとしては抜けてはいないのですが、現在KLUCHさんは活動休止中となっております。

原因としては、自宅から微量であるが大麻が発見されたこと

尿検の結果は陰性だった為、不起訴となりましたが当面の間、活動を自粛すると発表しております。

  • TENNさん、イトキンさんの他界
  • BUCCIさんの脱退
  • KLUCHさんの逮捕

ET-KINGは残った3人で活動を続ける

ET-KINGの音楽を待ってくださっている皆様に歌を届けたい。

しばらくの間、センコウ、BOOBY、コシバKENの3名で活動をさせて頂きます。

https://et-king.com/sp/infomation/6720/

KLUCHさんの活動自粛により「活動休止」と言われておりましたが、3人で活動続けて行くと公式でも発表されております。

現在の活動として、2025年に開催される大阪万博」を盛り上げようというプロジェクトに参加していたみたいです。

今回の事件があったことで大阪政府がどのような対応をとっていくのかが注目ですね。

まとめ

7人から3人になったET-KING。

様々な出来事があった中、乗り越えこれからも活動を続けていく音楽魂には心を打たれました。

もっとET-KINGの音楽を聞かせて欲しい。

もっと音楽で盛り上げて欲しい。

個人的に熱い思いが宿りこれからも応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる