どうも、管理人ハヤトです。

12月も半ばになり、冬も本格的になってきましたね!

クリスマスや正月とイベントごとがいっぱいあってワクワク感はあるのですが、寒くて生活が不便な部分も多くなってきます。

その不便な事と言えば、車のタイヤ交換です!

ぼちぼちノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する人も多いでしょう。

中にはタイヤ交換初体験なんて人もいるはず!

という事で今回は初めてタイヤ交換する時のコツと注意点について解説していきますので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク


タイヤ交換に必要な道具

まずタイヤ交換に必要な道具はコチラになります↓

1.スタッドレスタイヤ
2.ジャッキ
3.タイヤレンチ
4.軍手

以上の4つになります。

ジャッキに関してはオートバックスで売っていた油圧式ジャッキを使用しました。

付属のアダプターは別売りですよ!

僕は899円(税別)で買いました。

タイヤレンチは車のトランクのどこかに設置されているので確認しておきましょう。

軍手は言うまでもなく、手が汚れるので必須ですよ!

では、いよいよタイヤ交換の方法について解説していきます。

タイヤ交換の方法について解説

道具を揃えたらタイヤ交換を始めましょう。

上の動画の通りに行えばできますが、補足する形で解説します。

1.タイヤホイールを外す

まずはタイヤホイールをタイヤレンチを使って外します。

上の画像のようにタイヤとホイールの間にレンチの尖ってる部分を入れて力ずくで外します。

力ずくと言ってもそんなに力を入れなくても意外とあっさり取る事ができます。

初めてやる方は、力を入れすぎてホイールが傷ついたり割れたりしないかと不安かも知れませんが、そんなに簡単に割れるようなもんじゃないんで「フンッ!」と力を入れて外して大丈夫です。

はい、取れましたね(*’▽’)!

それでは続いてナットを軽く緩めます。

2.ホイールナットを緩める

続いてホイールナットを軽く緩めます。

なんで軽く緩めないといけないのかと言うと、ジャッキアップした後だとタイヤが浮いた状態になるので、どんなに力を入れてレンチを回しても一緒にタイヤも回ってしまいナットを緩める事ができないからです。

上の動画では女性が手で簡単に緩めていますが、実際はガチガチに閉まってるので手で回すのって困難なパターンが多いです。

そんな場合はレンチを足で思い切り踏んで回します。

画像のように足でガンガンとレンチを踏みましょう!

そうすればギーギーと音がしてナットが緩みます。

ナットを緩めるのは反時計回りです。

あくまで軽く緩めるだけなので、完全に外してはいけませんよ!

3.ジャッキアップ

続いて緊張のジャッキアップ!

何が緊張ってジャッキアップして車が傾いてひっくり返してしまうんじゃないかと不安になりますよね(;´∀`)

ひっくり返さないために道路が平たんな場所で行いましょう。

僕はオートバックスで買った油圧式ジャッキに別売りの専用アダプターを取り付けてジャッキアップします。

上の画像にあるようにアダプターの凹んでる所に車のジャッキアップポイントを入れて行きます。

こういう具合に見事にハマりました!

最初はズレて上手く入れる事ができませんが、ジャッキの位置を調整しながら作業しましょう。

それじゃあ、ガンガンジャッキアップして車体を上げましょう!

怖いかも知れないけど、結構ガッツリ上げないとタイヤを外せても付ける事ができないパターンもあります。

自分が思ってるよりもジャッキアップしないといけないと思います。

画像では伝わりにくいかも知れませんが、結構ジャッキアップしてます。

まあ、砂利道でやったのもあって余計に上げないと行けなかったのかも知れない・・・。

ここで一つ注意点。

今回、使ったジャッキの別売りアダプターはただ上に載せるだけじゃないんです。

油圧式ジャッキを買った時、既に別のアダプターが付いてるのでそれを外さないといけないのですが、クリップのようなもので固定されてます。

そのクリップのようなものが厄介で狭い場所にあるので手で外そうと思っても入りません。

なので100均で売ってる小さめのペンチで挟んで外しましょう。

それでは次にタイヤを外していきますよ!

スポンサードリンク


4.タイヤを外す

ジャッキアップしたらホイールナットを外してタイヤを完全に外しましょう。

ナットは事前に緩めてるので手で外した方が早いかも。

はい、タイヤの取り外し完了!

簡単ですね!

スタッドレスタイヤを装着する

それではスタッドレスタイヤを装着します。

まずは、スタッドレスタイヤをナットを入れる凸の部分に合わせます。

画像のようなホイール一体型みたいなタイヤはナットを固定するまで入れるのが困難です。

なので下の画像のような感じで指でなんとかナットを回します。

これ、多分やり方間違ってると思うけどこれしかなかった(笑)

この作業は、ナットが凸部分に入った時点でOK!

ナットが4つとも入れられたら、レンチを使って締めましょう。

で、どのくらいナットを締めれば良いのか?って事ですが。。。

ナットを外した時と同じようにレンチを足で思いっきり踏んで回らなくなるまでです。

片足ではなく両足でレンチに乗ってもレンチが動かなくなったら完璧でしょう!

ナットを固定できたらジャッキを下ろします↓

油圧式ジャッキを使う人は油圧バルブを反時計回りでゆっくり回しましょう。

これにてタイヤ交換、見事に完了です!

まとめ

という事で今回はタイヤ交換について解説しました。

最初の1個を交換するのは大変だと思いますが、1個できたらあとは同じ作業の繰り返しなので簡単です。

ただタイヤが如何せん重いので、女性一人でできる作業かどうかは微妙と思います。

あと言い忘れていましたが、タイヤ交換したら家の近所を徐行運転してタイヤが外れないか確認する事をお忘れなく( `ー´)ノ

以上

スポンサードリンク