どうも、管理人ハヤトです。

またもや相撲界が騒がしいご様子。

動画を見ての通りですが、4月4日の大相撲舞鶴場所にて、土俵上で舞鶴市長が突然バタッと倒れてしまいます。

そこに、女性の救命士が土俵に上がって心臓マッサージを施します。

しかし水を差すように「女性の方は土俵から降りて下さい」とアナウンスされ、これが問題となりました。

相撲の土俵は、女人禁制ですが、命に係わる緊急事態でその対応はいかんでしょう・・・。

これから女性差別問題へと、話が膨らんでいきました。

兵庫県の宝塚市長・中川智子氏が、土俵に上がらせて欲しいと主張。


出典元hosyusokuhou.jp

結果は、土俵下で挨拶する事になりましたけどね↓

別に、女性軽視している訳あじゃないんです。

という事で、相撲の土俵は何故女人禁制なのか、について書きたいと思います。

スポンサードリンク


土俵が女人禁制の理由


出典元city.shinagawa.tokyo.jp

今回の舞鶴市長が倒れて、女性救命士が土俵に上がって「女性の方は降りて下さい」とアナウンスされた事により、女性差別に繋がるという事になった件。

土俵に女性が上がってはいけないという事は、女性差別ではありません。

土俵の女人禁制の理由は、相撲というのは神事と言われています。

正確には、農村の豊作を祝う儀式なのです。

そして豊作の神様は女性であり、力自慢の若者の男性達が競い合う事で女性の神様を楽しませる出し物であり、土俵を女人禁制している理由は、女性の神様がやきもちを焼くからというだそうですよ。

だからって、こないだみたいな命に係わる事態の時に、女性という理由で土俵上から降ろそうというのは全否定です。

ただ土俵が女人禁制は、決して女性差別ではありません。

そもそも女性の中で「土俵に上がらせろ」と思っている人が世の中に何人いるでしょうねえ?

ほとんどの人が興味ないと思うのですが・・・。

↑このツイートのようにまで発展しない事を祈るばかりです。

以上

スポンサードリンク