出典元dot.asahi.com

どうも、管理人ハヤトです。

平成30年が始まってまだお正月の3が日が終わったばかりですが、早くも来年の事が気になってしょうがない!

なんせ来年の平成31年は、天皇陛下の生前退位により、年号が変わる歴史的な年になるからです。

ネット上では、新年号は一体何なのか?で盛り上がっています(多分)

そして政府は、新たな年号について三案に絞り込み、有識者や衆参議員らの意見も踏まえて今年中に発表する予定と報じられました。

スポンサードリンク


新年号の候補は?

来年、天皇陛下の生前退位で新年号になりますが、その新しい年号は何なのか?

と、その前にいつから新年号に変更になるのかご存知ですか?

新しい年号は2019年5月1日からとなります。

つまり”平成”という今の年号は、2019年4月30日までとなります。

そして新年号はどういう基準で決められるのかと言うと、

1.日本国民の理想として相応しい意味を持つ
2.漢字2文字
3.書きやすい
4.読みやすい
5.これまでに元号やおくり名として用いられていない
6.俗用されていない(日常的に使用されていない)

これが基準となります。

あと『平成』『昭和』『大正』『明治』の頭文字である『H S T M』と被らない年号も基準としてあるようです。

現時点で候補として挙げられているのが昭和天皇が崩御された際に、候補として挙がった
『正花』『修文』とあと一つ候補が挙げられています。

しかし頭文字と被らない事を考慮して考えると『正花』『修文』もSなので、昭和の頭文字であるSと被ってしまいますねえ・・・。

いづれにしても、新年号は新たな時代にあった年号が候補として含まれます。

あと最近は『国民の年号離れ』が進んでいるそうなので、それを防ぐためにも1文字を15画として、なるべく画数の少ない漢字を選ぶ方針です。

田嶋〇子さんに限ってはテレビで「元号なんかいらない」って言う始末ですよ・・・。

ちなみに発表時期に関しては以前、菅官房長官が「国民の生活に支障をきたさない時期」と言っていますが、今年の10月頃なんじゃないかと予想されています。

まあ、今年中に発表される事は間違いないようなので、気長に待ちましょう。

スポンサードリンク


平成という年号はどのようにして決められたのか?

昭和64年1月7日に昭和天皇が崩御されて、翌日8日に今の年号である『平成』に改元されたわけですが、この平成という年号は一体どのような基準で決められたのでしょうか?

これは至って単純で今回の新年号の候補として挙げられている『正花』『修文』は昭和の頭文字であるSと被るために採用されませんでした。

そして昭和のSと被らない頭文字がHである平成が選ばれたという事です。

ちなみにこの平成という年号を考えたのは東大名誉教授で東洋史学者の山本達郎氏である。


出典元piropurin.com

この平成という年号は「国の内外にも国の天地にも平和が訪れる」という意味で名付けられたのです。

新年号も前向きで親しみやすいシンプルな年号である事を願います。

まとめ

という事で、今回は新年号について書きました。

ちなみに昭和から平成に変わった年は4月に消費税3%が導入されました。
(そう言えば、2019年も消費税が10%に増えますねえ・・・)

しかし、バブルの影響もあったとは言え年末に日経平均株価が史上最高値である38,915円に達したのです。

まあ、それからは皆さんもご存知の通りバブル崩壊して『失われた20年』へと突入していくんですけどね・・・。

未来を予言するのは難しいですが、過去を振り返るのはネットがあるので簡単です。

なので邪な発想ですが来年、金儲けしたい方は昭和から平成に変わった昭和64年(1989年)をしっかりと見ておくと何かヒントが隠されているのではないでしょうか。

例えば、元号が変わる事により新しい印刷物が沢山作られます。

同時に二度と作られない印刷物なんかもあるのです。

現時点で考えられるのは、新年号に変更される5月1日は株価が上がる可能性が高そうですね!

さあ、どんな元号になるのか注目して見ていきたいと思います。

以上

スポンサードリンク