出典元news.nicovideo.jp
ニーハオ!

どうも、管理人ハヤトです。

タイトル通り、阪神が台湾の投手・呂彦青を獲得しました。

他球団と競合したけど、暗黒時代に抑えをやっていた郭李建夫のおかげで阪神に入団する事になったそうな。

郭李、懐かしすw郭李を知らない人に分かりやすく説明すると、「台湾の久保田」やね!

これで阪神の外国人はメッセ、マテオ、ドリス、メンデス、呂彦青の5人となって枠に入りきらない!

阪神としては先発が欲しい訳ですよ。枠の関係で全員起用できませんが、いざって時のために投手は1人でも多い方が良い。

それに呂彦青選手はまだ21歳と、若く実質ドラ1みたいな扱いで良いんじゃないでしょうか.

台湾の投手と言えば、最近だと鄭凱文(ジェン・カイウン)ってのが阪神にいたけど、全然ダメやったんですよねえ(遠い目)

果たして呂彦青投手は、日本で通用するのか?

プロフィールや投手としての特徴などを調べてみました。

スポンサードリンク


呂 彦青のプロフィール


出典元sponichi.co.jp

本名:呂 彦青(ルー・ウィンチ)
出身地:台湾
生年月日:1996年3月10日(21歳)
身長/体重:178㎝/70kg
投打:左投左打

投手としての特徴

今回、阪神が獲得する事になった台湾のアマNo.1投手と言われている呂彦青。

投手としての特徴は、最速148キロのストレートとスライダー、チェンジアップが武器です。

日本の投手で例えるなら横浜ベイスターズの今永に似ているとの事。

球が速い!キレがある!

投げ方も綺麗なフォームでカッコイイ!

これは日本でも通用する(確信)

球自体は今永より上と評判も良いのですが、対右に弱くてまだスタミナがないと言われています。

個人的には、今永と言うより元中日のエース・今中に似てると思います。

今年10月に開催されたアジア選手権では、日本代表相手5回途中3失点ながら高評価だった模様。

冒頭にも書いたけど、外国人枠の関係で来季はメッセマテドリの誰かが怪我でもしない限り一軍での出番は無さそうだけど、再来年になるとメッセが日本人扱いになるために先発として起用可能です。

その時までは二軍でじっくり育成ですよ。

とにかく走り込んで体力を付けて欲しい。

球自体は凄く良いと思うんで、普通に日本で二桁勝てる投手と思いますよ。
(予想と言うか、願望だけど・・・)

まあ今永より良いって言われているんだから、その言葉を信じましょう。

最後に

という事で、今回は阪神の新戦力・呂彦青投手について調べてみました。

どんな投手なのか、阪神ファンとして非常に楽しみですよ。

ちなみに僕が最初に『呂彦青』という名前を見た時、「彦摩呂」に見えたけど、「俺も彦摩呂に見えた」って人いたらコメント下さい(笑)

以上

スポンサードリンク



阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村