出典元matome.naver.jp

どうも、管理人ハヤトです。

先日行われたBAYCAMP2017にて、ReVision of Senceというバンドが仮設トイレの上でライブをするというパフォーマンスを行い、ネットで炎上する事案が起こっています。

ReVision of Senceの公式サイトでは謝罪文が掲載されていますね。


出典元revisionofsence.com

それがロック!

昔と違って今はそんな言葉で済まされる時代じゃないからねえ。

率直な感想としては、ダサい!としか言えない。

実際にライブ自体は盛り上がったかも知れないけど、何事もホドホドが一番。

今後、トイレバンドという愛称で呼ばれる事になる可能性が高いだけに、かなりリスキーな行動だったと思います。

A「ReVision of Senceってバンド知ってる?」
B「あ~知ってるで、あのトイレバンドやろっ」

って会話がされてファンは嬉しくないでしょう・・・。

今回、炎上したReVision of Senceは過去にも炎上騒ぎを起こしてるんです。

スポンサードリンク


無料配信アプリMUSIC FMを推奨して炎上した過去

BAYCAMP2017で仮設トイレの上でライブをして炎上したReVision of Senceは大阪出身の5人組バンド。

ボーカル河井は「売れるために思いつく限りの事をやってみる」と言っている通り、ライブでは盛り上げるために各会場ごとに異なる観客参加型の様々なパフォーマンスを行っているみたいですね。

こういう見てるファンを飽きさせない工夫は凄く大事だと思います。

ちなみにReVision of Senceを訳すと「センスの改正」です。

またクラウドファンディングで資金調達をして無料ライブなんかもしていて、その無料ライブを「洗脳会」と呼びます(何かの宗教かな?)

この方法について賛否両論あると思うけど、こうでもしないと集客できねーよ!って事なのでしょうか。

例え本人達が否定しても、そう思われてしょうがない。

で、今回は仮設トイレの上でライブパフォーマンスをして炎上したのですが、以前は無料配信アプリのMUSIC FMで自分達の曲が聴けるぞ!ってTwitterで宣伝したら炎上。

CD売ってナンボの音楽業界の人間が、無料配信を推奨してどうすんだ!?って話ですよ。

無料配信で自分の曲を聴いて良いって言うのは、裏を返せば自分の楽曲は1円の価値もないって事ですよ。

趣味でやるバンドなら別に良いと思いますが、プロのバンドがこれじゃあ困ったもんです。

スポンサードリンク


去年もトイレの上でライブをした歌手がいたという話

実はトイレの上でライブをしたのはReVision of Senceだけじゃない!

去年のBAYCAMP2016では、椎名ぴかりんという歌手がトイレの上によじ登ってライブパフォーマンスを行っているのです。

う~ん、この。。。

正直言って椎名ぴかりんも痛いけど、それ以上に客が痛い。

でも夏フェスに行くと、こういうテンションになるから気持ちは分かる。

椎名ぴかりんは、トイレの上でライブをして絶賛されたらしい。

元々、過激なパフォーマンスを売りにしてたからウケたんやろうね。

ひょっとしたらReVision of Senceもこれを見て「俺らも真似したらウケるはず」と思ってしちゃったのかも。

そして、いざやってみたらこのざまですよ。

そう考えたらReVision of Senceはある意味被害者なのか?

いや、ただ単に浅はかだったな。

とにかく俺が言いたい事はバンドなら自分たちの楽曲で勝負しろ!

以上。

スポンサードリンク