出典元yamatomolily.blog

野球観戦に欠かせないのが、やはり応援ですよね!

最近は特に各球団、色々と趣向を凝らした応援をするようになってきていますね。

オールスターでは、自分の応援する球団のヒッティングマーチも歌いたいために観戦する人も多いのではないでしょうか。

この辺は、youtubeで各球団のヒッティングマーチを動画で確認できるのが大きい。

で、僕自身も暇な時に阪神以外の球団の応援をチェックするのですが、他球団と比較して阪神の応援って・・・ダサいと思います。

これは同じ阪神ファンの友達同士でも同意見なわけです。

じゃあ、僕がなぜ阪神の応援がダサいと感じるのか書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



ヒッティングマーチの歌詞がダサい

まずはこれです。

歌詞がダサい!

なんとか改善してくれませんかねえ?

隙あらば「猛虎」「唸る」という単語を使い倒すのw

それこそ中虎時代と比べて言葉の引き出しが少なすぎます。

試合後の二次会で昔の選手のヒッティングマーチを歌っててつくづくそう思うのです。

この中に俺も混じっていますよw

この二次会の動画見てもスタメン選手のヒッティングマーチ歌ってる時よりOB選手のヒッティングマーチ歌ってる時の方がテンション高いでしょw

赤星、今岡、浜中、坪井、葛城、桧山みたいなヒッティングマーチ作れますか?

来年は中谷、大山、糸原あたりのヒッティングマーチを作ると思いますが、「猛虎」「唸る」という単語を使わないという縛りで作詞して欲しいと思います。

スポンサードリンク



曲が全体的に野暮ったい

今年、新しく糸井、原口、北條のヒッティングマーチが作られました。

最初に聴いた感想は「どれも平凡かつ野暮ったい」

どれも同じに聴こえてしまう。原口が最後のとこでキーが上がるからちょっと違うけど。

「それ言い出したらどこの球団の応援も同じに聞こえるぞ」と言われそうですが、その「同じに聞こえるレベル」が高いのですよ、個人的には。

とりあえず、原口と俊介みたいに最後のとこで上げるとダサくなるし歌いにくくなって良い事ないから辞めとけ、と言っときたい。

ダサい応援の集大成「牙」と「我らの阪神」

阪神の応援がダサいという事が誰にでも理解できる「我らの阪神」

曲、詩、全てにおいてダサい・・・。

逆によくこんなダサい応援作った上に採用したなあと感心しますよ。

当然ながら俺は現地観戦して牙が流れても歌いません。

「勝ちに行け」⇒言われんでも勝ちに行っとるわあ!
「わーれーらのはーんしーん」⇒何じゃwその取って付けたような歌詞wとにかく響きがダサい!

それに追い打ちをかけるように「牙」というチャンステーマを作ります。

それがコチラになります↓

だっせえええええええええ!

それ以前に「チャンス襲来」があるのに何でわざわざ作ったんだ?と当初から疑問でしたよ。

この「牙」は阪神ファンに不評でたった1年で廃止となりました。

とにかく、もっとカッコいいヒッティングマーチ作って下さい!

もうね、年々ダサくなってきてるから。

どうしても作れないというのなら応援歌を公募してみては?

かなり応募が殺到すると思いますよ。

皆さんは阪神の応援についてどう感じてますか?

良ければコメントにて教えてください。

以上。

スポンサードリンク




阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村