どうも、管理人ハヤトです。

11月10日から行われていた第48回明治神宮野球大会は今日、終了。

高校の部は明徳義塾高校、大学の部は日本体育大学が見事、優勝しました。

両校の皆さん、優勝おめでとうございます( ^^) _旦~~

特に明徳義塾に関しては馬淵監督の母・アキさんが11日にお亡くなりになられたという事もあって、選手も監督を男にしようといつも以上に気合が入っていたようですね。

という前置きはこのくらいにしといて・・・

今大会、優勝したのは明徳義塾と日本体育大学ですが、一番注目だったのはやはり大阪桐蔭でしょう。

残念ながら大阪桐蔭は準決勝で創成館に4-7で敗れましたが、来年のドラフトに指名されると言われている選手が、なんと5人もいるのです!

1人でも凄いのに、5人って大阪桐蔭しかできないでしょう。

という事で、今回は大阪桐蔭のドラフト候補選手5人を紹介します!

スポンサードリンク


根尾 昴(ねおあきら)


出典元sanspo.com

出身地:岐阜県飛騨市
身長/体重:177㎝/76kg
投打/右投左打
ポジション:投手、ショート、センター
球速MAX:148キロ

来年のドラフト一番の注目選手になると言われている根尾。

なんせ投手と内外野の三刀流ですからねえ、その時点で日ハムに入団するのが一番な気がする。

投手としてはMAX148キロのストレート、変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップが武器です。

近畿大会決勝では滋賀県近江高校相手に16奪三振完封勝利をおさめているほどの実力ですよ!

関連動画⇒youtube.com

ただネットの反応を見てみるとプロでは投手より野手でショートが良いんじゃないかという意見が、多いですね(あくまで俺が見た感じ)

野球センスは抜群、ただ177㎝という身長なんで、投手より野手が良さそうですね。

12球団どのスカウトも注目しているみたいですよ。

即戦力というよりも、伸びしろに期待大の選手といった所のようです。

藤原 恭太(ふじわら きょうた)


出典元sanspo.com

出身地:兵庫県尼崎市
身長/体重:181㎝/78kg
投打/左投左打
ポジション:センター

阪神ファンの意見としては根尾よりこの藤原を獲って欲しい。

走攻守三拍子揃っており、トリプルスリーも期待できる選手ですよ(おまけにイケメン)

今年のセンバツ決勝(対履正社)では、3安打2本塁打と活躍しました。

足と守備は既に備わっていて起用しやすいので一軍デビューも早いでしょうね!

山田 健太(やまだ けんた)


出典元daily.co.jp

出身地:愛知県稲沢市
身長/体重:183㎝/85kg
ポジション:サード
投打:右投右打

今年の春の選抜で大阪桐蔭が優勝できたのは、この山田の活躍があったからこそだと思います。

なんせ選抜の成績が21打数12安打1本塁打8打点、打率にして.571です!

山田君の魅力はなんと言っても長打力です。

西谷監督も長距離打者として期待しており、プロに入っでもホームランの打てる打者として育って欲しいですね。

守備も上手い!

山田という苗字からして、やっぱり入る球団はヤクルトかな?

スポンサードリンク


柿木 蓮(かきぎ れん)


出典元daily.co.jp

出身地:佐賀県多久市
身長/体重:181㎝/83㎏
ポジション:投手
球速MAX:148キロ

大阪桐蔭のエース柿木 蓮

とにかくフォームが綺麗!惚れ惚れする!

元阪神の藪に似てるな。

この柿木君もドラ1間違いなしでしょうね。

今現時点で球速MAX148キロなんで来年の夏には150キロ超えしているはず。

球速以上に伸びているように感じます。

変化球はスライダーとカーブ。

実力だけでなく、運も持ち合わせていて今年の選抜では元々ベンチ入りすらしていなかったんですが、捕手の岩本君が怪我で離脱。

代わって、柿木が選抜でベンチ入りを果たしました。

岩本君は、不運だったけど、成功する人はこいういう運も持ち合わせているのです。

体格も既にガッチリ体型で体も強そうだし、顔付きも気が強そう。

横川 凱(よこかわ かい)


出典元matome.naver.jp

出身地:滋賀県米原市
身長/体重:190cm/82kg
ポジション:投手
投打:左投左打
球速MAX:144キロ

春の選抜では140キロカルテット(香川柿木横川)の唯一の左腕として注目されました。

素人の俺が見ても、腕の出所が見えにくくて打ちにくそうなフォームですよ。

190㎝と高身長だから角度がついて尚更打ちにくいでしょう。

変化球はスライダーを持っています。

ただコントロールが悪い、そしてフィールディングも課題です。

柿木君と違って、まだ幼いって感じですがポテンシャルはかなりある投手に思います。

まとめ

という事で、今回は大阪桐蔭のドラフト候補選手5人を紹介してきました。

来年の春、そして夏と一体どれぐらい成長しているのか楽しみです!

以上

スポンサードリンク