どうも、管理人ハヤトです。

11月12日に発売され、初版で20万部の大ヒット中の百田尚樹さんの日本国紀

皆さん、買いましたか?

僕は一昨日に近所の本屋さんで買いました。

まだ第2章までしか読んでないのですが、活字が苦手な僕でも読みやすくて内容も面白いですね!

さすがは百田尚樹氏!と言ったとこでしょう。

しかし!

日本国紀についてTwitterで内容について批判されておりまず。

なぜ、日本国紀がそれほどまでに批判されているのか気になったのでちょっと調べてみました。

日本国紀がWikiのコピペをしている件

今回、Twitter上で批判の対象になっている百田尚樹氏の日本国紀。

それは記事のタイトルにもあるように、一部でウィキペディアをコピペしている部分があるのです。

実際に本の158ページを見てみると確かに上のツイート通りに記載されています。

しかし、これよく発見しましたねえ!その事に驚きましたよ(゚д゚)!

これの何が問題かと言うと引用元が記載されていないなのでしょう。

自分の言葉で解説しているのならば問題ないのですが、引用しする場合はちゃんと引用元を記載しなければ著作権に引っかかります。

上のツイートの返信を見てみると「永遠の0」「海賊と呼ばれた男」にもコピペ問題が浮上していたとの事。

https://twitter.com/runrunpon/status/1063512188902621184

当の本人はと言うと↓

https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1062507119830740992

開き直ったという感じですね!

日本国紀の矛盾点

続いて日本国紀のTwitterで検索してみると「矛盾」とあります。

すると↓

確かにこれは矛盾していますねえ!

日本に大虐殺かあったのかなかったのかどっちやねん!?とツッコみも入りますよ。

それに対して百田氏本人は↓

この反論には無理があると思いますねえ。

その辺を読者にも分かりやすく書くのがプロだと思うので、言い訳に過ぎないと思います。

これに関しては百田さんよりも編集の有本香さんのミスと言えるでしょう。

まとめ

という事で、今回は百田尚樹氏の日本国紀に関して書きました。

日本国記ではなく日本国紀ですよ、日本国紀(大事な事なので2回言いました)

通史なので詳細に書かれていない部分もありますが、日本の歴史に触れる良いきっかけになるかも知れません。

少しでも気になる方は是非購入してみてはいかがでしょうか?

いやあ、読みたいけど500ページも読めないという人もいると思いますが、1800円(税抜き)と安いです。

または、速攻で読んでメルカリとかで売るという手もありますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本国紀 [ 百田尚樹 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/11/18時点)

楽天で購入

以上

スポンサードリンク