どうも、管理人ハヤトです。

今日、明治神宮野球大会高校の部で『日大三VS日本航空石川』の試合が行われました。

試合結果から言うと、日本航空石川が延長10回の末、7-6で勝ちました。

高校野球でタイブレーク制が導入されて初の延長戦という事で、話題になっています。

ただ話題になったのは、タイブレークではなく9回裏に起こった本塁クロスプレーの方が話題になってネット上でも物議を醸し出しています。

スポンサードリンク


【動画有】問題のクロスプレーについて

今日、行われた日大三VS日本航空石川の試合にて問題となっている9回裏の本塁クロスプレーの動画はコチラです↓

いやあ、これは見てるこっちも痛い!


出典元asahi.com

モロにランナーの膝が捕手の胸に当たってますねえ・・・。

捕手の斎藤君はこの後、病院に運ばれて診査の結果、右腕の打撲で全治2週間と診断されました。


出典元daily.co.jp

スライディングした上田君は試合後のコメントで「まっすぐスライディングしたるもりでしたが、捕手と重なってしまった。申し訳ない」と話しました。

一方、相手側の日大三高・小倉監督は「あれが絶対ダメ!死んじゃいますもん。絶対にダメなプレーだと日頃から徹底してもらわないと」とお怒りのご様子。

一旦、セーフの判定がされましたが、この後、審判団の協議で守備妨害に判定が覆り日本航空石川は得点する事ができず延長戦となったのです。
(結局は日本航空石川が勝ちましたが・・・)

でも、これって捕手がランナーの走路の上を塞いでいるので守備妨害じゃなくてコリジョン適用されてセーフと思うのですが・・・。

捕手の斎藤君は可哀そうだけど、日本航空石川の9回サヨナラ勝ちでしょう。

コリジョンルールはプロだけでなく、高校野球でもちゃんと適用されていますよ。

多分、流れ的に捕手の斎藤君が怪我したから審判は守備妨害と判定したとしか思えない。

結果的にランナーの上田君が悪者扱いされて可哀そうな結果となってしまいました。

上田君も捕手じゃなくてホーム目掛けてスライディングしているのでワザとじゃない(スライディング自体は下手だったかもしれんが・・・)

ただ一生懸命プレーした結果、ああいう事になってしまったのだと思いますね。

スポンサードリンク


ネットの反応は?

・送球逸れて運が悪い
・この体勢は確実に体を狙っている
・打撲レベルで良かった
・捕手ならぶつかる事も覚悟しとけ!
・スライディングが悪くないとは思わんが捕手も下手
・ワザとやってるって人は根拠あるの?

とにかく賛否両論ありますが、何度も言うように捕手の斎藤君が打撲で済んで良かった。

尚、試合後の様子について↓

ザっと見た感じだと、上田君がワザと捕手に向かって当たって行ったという意見が多く感じました。

今回の件で思い出したのが今年の夏の大会であった大阪桐蔭VS仙台育英戦ですよ。

大阪桐蔭VS仙台育英の詳細に関しては下記をクリック↓
仙台育英の選手が大阪桐蔭の一塁手の足をワザと蹴ったと批判続出!?

本当かどうかは分かりませんが一塁手の足を蹴った渡部君は、決まっていた進路が立ち消えになったと言われています。

上田君もそうならない事を願うばかりです。

https://twitter.com/nktm1023_1015/status/928895367092908032

↑この人が俺の言いたい事を代弁してくれてるな、GJ!

以上

スポンサードリンク