8月29日に北朝鮮から日本に向けて発射された中距離弾道ミサイル。

ミサイルは北海道の上陸を飛び越えて襟裳岬付近に落下しました。

これに対して安倍総理は「発射直後から北朝鮮のミサイルの動きは完全に掌握しており、国民の生命を守るために万全の態勢をとってきた」とコメントしました。

このコメントに関してネット上では批判的な意見が多数、出ました。

「何もしてねーだろう!」
「掌握してたなら、撃ち落とせよ!」
「何もしないならJアラートなんか鳴らすな!」

などなど、様々な意見が続出しました。

確かに自分の領土の上空にミサイルを飛ばされたら、他国だったら戦争じゃないでしょうか?

では何故、日本政府はミサイルを迎撃しなかったのか?調べてみました。

スポンサードリンク


ミサイルを迎撃しなかった理由について解説

では、北朝鮮のミサイルを迎撃しなかった理由について順を追って解説していきたいと思います。

1.大砲はミサイルと違って最初の勢いさえ分かれば、どこに落ちるのか予想する事ができます。


出典元blog.goo.ne.jp

2.一方、北朝鮮から飛んできたミサイルは大砲と違ってミサイル自身で加速しているために、どの位置まで加速するか判らないとどこに落ちるか判らないのです。


出典元cnn.co.jp

3.ミサイル発射⇒ミサイルが日本に届く位置まで来ても加速が止まらない⇒Jアラート発動。こういう順番でJアラートは鳴ります。しかし北朝鮮からミサイルが発射されても日本に届かないと判ればJアラートは発動しないのです。ちなみにこの段階では日本に届くというのは判っていますが、どこに落ちるのかは判らない状態です。


出典元news.yahoo.co.jp

4.Jアラートが発動した後、ミサイルが日本に着弾する位置で加速が止まればすぐに迎撃します。また加速が終わらなくてもミサイルから切り離された部品が落ちて来たり、途中で爆発して落下して来た場合も、迎撃します。


出典元jin115.com

5.今回、Jアラートが発動したにも関わらずミサイルを迎撃しなかったのは、ミサイルが日本を飛び越える位置に来ても加速を続けていた上に、切り離したロケットと破片が落下してこなかった事が分かったので、迎撃をしなかったのです。


出典元line-tatsujin.com

以上となります。

Jアラートについて「Jアラートが鳴ってからミサイルが落ちるまでの時間が短すぎて逃げる暇もない!」という意見もありますが、今よりも早くに鳴らすと、どこに落ちるのかが判らない状態で鳴らすことになります。

そして、北朝鮮からミサイルが発射される度にJアラートを鳴らすことになってしまいます。

そうなると毎回、非難したり学校が休校したり電車が止まったりと面倒な事になるリスクが高まるのです。

最終的に国民がJアラートに慣れてしまって鳴っても「どうせ落ちてこない」となってしまうのもいけないのです。

「どうせ落ちてこない」と思っていて、いざ落ちてきたら大惨事ですよ。

現在のJアラートは日本に落ちる可能性が出た瞬間に考えられるベストなタイミングで発令さています。

Jアラートがこれ以上、早く鳴っても遅く鳴ってもダメなのです。

スポンサードリンク


ミサイルに迎撃態勢に関して

ミサイルの迎撃に関しては、昨年8月8日に元・防衛大臣である稲田朋美議員が「弾道ミサイルの破壊に関しては常に迎撃態勢は取っている」と実際に発言しています。

つまり今も自衛隊は迎撃態勢を敷いているので、即座に対応できるようになっています。

ミサイルの迎撃態勢は2段階に分かれています。

宇宙空間では海上のイージス艦から発射されるSM3で迎撃して、もし外してしまったり大きな破片が落ちて来た場合は、空自のPAC3で迎撃するシステムになっています。

ちなみにミサイル1発にかかる予算はなんと20億円!

これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれで良いと思います。

ただ今回、迎撃しなかったのは国内・領海に落ちないという事が判ったから。

それともう一つは宇宙空間を飛び越えて行ったミサイルを領空侵犯と言うのは無理があるのでは?という意見があって、実際に「どの高さまでが領空か?」という議論もあるのです。

また憲法9条もあって、法的根拠が微妙な訳です。

そのために、やっぱり領土・領空に落ちないミサイルを迎撃するのは何かとマズいのです。

詳しくはこの動画をご覧ください↓

注)音が全く鳴らない動画ですので、電車内で見ても問題ありません。

いづれにせよ、日本国民が平和ボケでいられるのも陰で自衛隊がしっかりと守ってくれているおかげだって事をしっかり認識するべきでしょう。

あと余談だけど毎朝、通勤時に最寄りの駅で「憲法9条は世界の宝」「安倍政治を許すな」など朝っぱらから、マイクで演説をしている共産党系の連中がいなくなったなあ・・・。

以上

スポンサードリンク