スポンサードリンク


どうも、管理人ハヤトです。

タイトルにもある通りですが、9月15日から開催されたイナズマロックフェスが台風の影響により、昨年に引き続き中止となりました。

去年はライブの途中で雷雨に見舞われて中止。

今回は昨日の段階で中止が決定されました。

今日を楽しみにして今まで仕事や学校を頑張って来たお客さんにとって、本当に残念な結果になったと思います。

でも一番、悔しかったのは主催者の西川貴教さんでしょうね。


出典元narinari.com

そして滋賀県にとっても全国から一番多くの人が集まるイベントとあって滋賀県民にとっても草津在住の僕にとっても非常に残念ですよ。

・・・まあ俺は行く気がなかったんやけどね( 一一)

で今、この記事を書いている日時は17日22時過ぎになるんですが天気はどうかと言うと、非常に蒸し暑くて、Tシャツ1枚で外出すると汗をかくレベルで暑いです。

しかし、雨風は全くありません(←って書いた所で雨が降ってきた!)

今日の草津市の天気は朝から曇り空でしたが、遠くの方を見ると晴れ間も見えてました。

昼になっても天気は変わらず。

午後5時ぐらいになって小雨が降ったり止んだりでした。

午後7時過ぎになると雨風が徐々に強まってきたんですが、それでも大した事はない。

午後8時過ぎになってやっと、本格的に台風が来たな!と感じる天候になりだしてきて、この天気ではさすがに野外でライブはできないなあという状況でした。

でも、それはそんなに長続きしませんでした。

本当に数分で雨は止んでましたね。

イナズマロックフェスのタイムテーブルを見るとトリの西川さんは18時20分から19時まで。

つまり何が言いたいかと言うと、これって普通に開催できたんじゃねっ!?

もちろん、これは朝から台風の影響をモロに受けている九州などの交通機関の状況は一切無視しての僕の勝手な感想です。

だから主催側の中止という判断は正しかったのは間違いありません。

ただ結果論で言うと、充分に開催できる天気でしたよ。

少なくとも昨日の天気より遥かに良い天気だったし、気温も寒くもなく暑くもない絶好のフェス日和と言って良い天気でした。

これは、遠方からわざわざ来て草津駅周辺のボストンプラザ草津やアーバンホテル草津に泊まってる人からしたら悔やんでも悔やみきれないでしょうね。

だってチケ代は返金されても、宿泊費と交通費は返ってきませんからねえ。

Twitterを見てみると、中止になったけど会場の烏丸半島芝生広場に行った人もいたみたい。

僕は行く予定はなかったのですが、こういう人たちを見ると開催してあげたかったなあとつくづく思ってしまうんだな(もちろん、主催者じゃないから開催する権力なんか持ってないけど)

そんな中、ネットで調べてみると、批判の声も上がっています。

スポンサードリンク


ネットで批判の声とは?

それがどんな批判かと言うと、台風の多い9月のこの時期に野外フェスを開催するのは、中止のリスクが高いから10月にずらすべき、という意見です。

イナズマロックフェスが9月のこの時期に開催される理由は、主催者の西川貴教さんの誕生日が9月19日なので、それに合わせて日程が組まれています。

批判の声に対しての意見はこんな感じです↓

そう、09年から開催して今年で8年を持続してるんですよねえ。

雨のリスクで言ったら、それこそ夏フェスのある7.8月なんかもっとリスキーだと思うんですよ。

開催日を10月にずらしたからと言って、台風直撃がないとは言えないしねえ。

天気が悪くて中止になったのは、ただ運が悪かったとしか言えない。

それでなくても、滋賀県って台風被害には会いにくい地域なんだから。

来年からは、開催日の一週間前ぐらいから家にテルテル坊主をこれでもか!というほど吊るしておきましょう!

それでも台風が来たら、みんなで消臭力を使って吹き返そう!


出典元buzz-netnews.com

というか9月は台風が多いからイナズマロックフェスの日程を10月にずらすんじゃなくて、9月はイナズマロックフェスがあるから台風が日本に来る日程を10月にずらすべきなんだよな!

来年こそ、快晴の中で開催される事を願っています。

以上

スポンサードリンク