出典元gitafan.com

どうも、管理人ハヤトです。

ギターを弾く上で、誰もが一度は憧れる速弾き。

カッコイイ(小並感)

しかし、速弾きをマスターするのは容易ではありません。

中には、何年も練習しているのに上手く弾けないという人もいる事でしょう。

そこで、今回はタイトル通り「速弾きのコツと練習法」について書いていきますので、参考にして下さい。

読むのが面倒だという方は参照動画を下に貼っているので『速弾きの練習方法』まで飛んで下さい。

スポンサードリンク


速弾きのコツ

まず、速弾きをする前に覚えておいて欲しいポイントがあるので解説していきます。

まずは、ピッキングについてです。

皆さんがジャガジャガとコード弾きをする時のピッキングは、手首のスナップで弾いていると思います。

教則本なんかで書いてある「うちわであおぐ」ような感覚で弾いていると思います。

しかし、速弾きだとコード弾きをしている時のピッキングでは追い付けず弾けません。

じゃあ、どうやってピッキングするの?

って事なんですが、速弾きのピッキングは二種類あるので紹介していきたいと思います。

痙攣ピッキング

早速ですが、右手をグーにして思い切り力を込めてみて下さい。

そうすると、腕全体がプルプルと震えて痙攣すると思います。

この震えている状態を利用してピッキングします。

これはコード弾きのピッキングと比べても明らかに速く弾けますし、トレモロピッキングをする時なんかは特に使えるピッキングです。

よく脱力して弾け!とプロの人が言いますが、脱力すると弾けません。

脱力していきなり弾ける人は天才と思います!

親指の屈伸で弾くピッキング

次は親指の屈伸で弾くピッキングです。

このピッキングは弦移動の激しいフレーズの際に使えるピッキングです。

弦移動の激しいフレーズは、指先のコントロールが重要となってくるので痙攣ピッキングだと対処しきれません。

だから痙攣ピッキングとピックの持っている親指の屈伸を利用して弾くピッキングの二種類を使い分けて弾いていく事が重要です。

ここまで読んで、難しいと思っても後で練習方法を教えるので安心して下さい。

曲の速さに慣れる事も重要

ピッキングと同時に、曲の速さに慣れることも重要となってきます。

ずっと遅いテンポで練習しているようでは、一生速弾きはできません。

なので、最初は全然弾けなくても良いので自分の弾きたい曲を流しながら適当に弾いて下さい。

これも教則本とかで良く書いてある「遅いテンポから徐々に速くしていく」というのは間違ってはいないのですが、この方法だと挫折してしまう人もいると思います。

そうじゃなくて遅いテンポから練習しつつ、原曲のテンポからも練習していくのがオススメです。

スキー場に初めて行っていきなり上級コースを滑った後に普通のコースを滑ったら楽に滑れるでしょう?あれと同じようなもんです!

スポンサードリンク


速弾きの練習法

それでは、速弾きの練習方法についてです。

まずは左手の押さえるポジションは以下の通りです。

1弦5フレット⇒3フレット⇒2弦5フレット⇒3フレット
(小指)    (中指)   (小指)    (中指) 

指は小指と中指だけを使用します。

右手のピッキングに関しては順番にダウンアップアップダウンの順番にピッキングします。

1弦から2弦に移動する際、アップアップと弾くので難しいですが、速弾きはオルタネイトピッキングだと、どうしても追い付けないフレーズも出てくるので今のうちにエコノミーピッキングもできるようにしましょう。

そしてピッキングはコード弾きのような大振りではなく、小さく指先コントロールで弾くようにして下さいね!

このフレーズに慣れてきたら次は↓

1弦5フレット⇒4フレット⇒2弦5フレット⇒4フレット
(小指)    (薬指)   (小指)    (薬指)

の順番で弾く練習をしましょう。

ピッキングは前と同じダウンアップアップダウンです。

この練習をしている内に、左手の肘の周辺の筋肉が痛くなってくると思うんですよ。

その筋肉を鍛えるのが速弾きをする上で、重要になってくるので1日1分でも良いので頑張って練習しましょう。

まとめ

という事で、今回はギターの速弾きのコツと練習法についてまとめてみました。

別に速弾きなんかできなくても良いのですが、できもしないのに「速弾きなんかできなくても良いぜえ!」と、イキがっててもダサいじゃないですか?

個人的には速弾きできるけど、必要ないからやらないというスタンスのギタリストがカッコイイと思っています。

まあ、これだけ偉そうに書いといてなんやけど、俺も全然速弾きできないんだよなあ(/・ω・)/

お互いにギターを頑張って楽しもう!

以上

スポンサードリンク