どうも、管理人ハヤトです。

今回はタイトル通り藤岡幹大(ふじおかみきお)さんのギター教則本『ペンタトニック虎の巻〔改訂版〕』のレビューをしたいと思います!

この教則本は初版が08年10月に発売されている本なのですが、改訂版として今年3月に発売された本です。

僕自身も、前から本屋や楽器屋のギター教則本コーナーでこの本を見かける度に気になっていたのですが、「買ってもやらねえだろうなあ」と思ってしまい、購入にまで至らなかったのですが、一昨日やっと買いましたよ!(^^)!

この本を買いたいと思った一番の理由は、店でサーッと立ち読みして「なんとなくアドリブに役に立ちそうな上に、練習曲が楽しそう」と思ったからです。

あとペンタ一発だと、セッションの時に手癖ばかりの演奏になってしまってネタ切れしちゃって飽きる傾向にあったので、それを改善したいと思って、購入したわけです。

一昨日に購入したばかりなんで、一通り目を通しただけなのですが、これから購入しようか迷っている人は是非参考にして下さい。

スポンサードリンク


藤岡幹大ってどんなギタリスト?


出典元babymetal.me

教則本のレビューの前に、著者の藤岡幹大さんについて簡単に紹介したいと思います。

「そんなの知りたくねー!」という人は読み飛ばして下さい。

藤岡さんは81年生まれの36歳で、05年からはMI JAPAN東京校のギター講師をされています。
(元々はMI JAPAN大阪校の生徒である)

BABYMETALの神バンドのギターとしても活躍されてます。


出典元gogorunning.jugem.jp

この動画はベビメタとは関係ないですがw

あとhidenoriさんと仲が良いらしく、たまにhidenoriさんの放送に出演したりしてますね!

藤岡さんの事を全く知らない人も、上の動画を見てもらえばギターの腕前自体は相当なものである事は充分に伝わると思います。

現在進行形でMIで藤岡さんにギターを習っている生徒は鼻高々やろうな(笑)

そんなに藤岡さんのファンじゃなくても、本人から教えてもらったら、そらギターのモチベ上がるぞ!

それでは、藤岡んさんの紹介はこの辺で終わりにして次こそ教則本のレビューをしたいと思います。

スポンサードリンク


ギター教則本『ペンタトニック虎の巻〔改訂版〕』のレビュー

はい、それじゃあ、やっと教則本のレビューです!

結論から言うと・・・イマイチやったな・・・。

俺的には、練習曲の4曲があんまり好きになれなかったな。

悪くはないんやけど、如何にも教則本的な練習曲やなあと思ってしまった。

パッと聞いてみて宮脇敏郎臭がするフレーズやった(笑)

だから、モチベーションが上がらへんかったねえ、俺は。

しかしペンタの知識を広げる、アドリブやソロを演奏するための教則本としては問題なし!

コードトーンに沿って演奏しないいけないと思っていたジャズもペンタでここまで演奏できると知れたのは、とても良かった。

ソロじゃなくてバッキングにも役に立つフレーズも掲載されているので、ちゃんと教則本に書いてあるフレーズを練習すれば演奏の幅も広がる事間違いなしです。

購入しようか悩んでいる人は、まずyoutubeで藤岡さんが演奏している所を見て、藤岡さんのファンになりそう!ってぐらい気に入ったら買っても損はないと思います。

でも、それ以外の人は買うのは辞めて自分の好きな曲をコピーでもしている方が楽しく上達できると思います!

まあ、ペンタやアドリブに関する知識だけならいちいち1000円以上払って本を買わなくてもネットで得られますからね(良い時代になったもんだ)

このブログでも随時、ギターに関して得た知識を記事にして更新するので是非とも役立てて下さい!

今回レビューした藤岡幹大『ペンタトニック虎の巻〔改訂版〕』の点数は100点満点中・・・50点!

ぶっちゃけ30点でも良いかも知れないw

ベビメタの神バンドに属している藤岡さんの教則本なんで期待値がデカすぎたな。

藤岡さんは、同じく神バンドのギターをやっている小林さんの「地獄のメカニカルトレーニング」みたいな役に立つ立たないより楽しさに特化した教則本を出して欲しいですよ。

なんか、そっちの方が売れると思うな(多分)

この記事を読んでも買おうか迷っているっていう人は、買わない方が良いと思います。

以上

スポンサードリンク