どうも、管理人ハヤトです。

プロ野球はいよいよオープン戦が始まりましたね!

開幕まであと約一か月となりましたが、待ち遠しくてしょうがない(-“-)

そして我が阪神ですが、西とガルシアが加入して今年の阪神は投手陣が盤石と言われていますが、現時点ではイマイチと言ったところです。

まあ調子良すぎたら良すぎたで不安になってしまうしファン心理としては複雑ですよ。

そして今年も阪神のキーマンでなるであろう選手がタイトルにもあるように藤浪です!

今年は1年目以来のワインドアップでの投げ方に戻しました。

やっぱり投手は振りかぶって投げた方がエース感があってかっこいい!

俺自身も今年の藤浪には期待して良いのでは?と思いました。

しかし蓋を開けてみれば、四死球の雨あられですよ・・・。

なぜこうなってしまったのか!?

調べていくと、一つの結論に至りました。

スポンサードリンク


藤浪スランプの原因について

藤スランプの原因についてはネット上でも色々と議論されています。

・インステップ修正によるフォーム改造
・金本政権時の161球
・阪神ファンのせい

他にも色々と言われていますし、そのどれもが正解と言えば正解でしょう。

「何言ってるんだ!?ファンのせいにするな!」という人もいるでしょうが、悲しい事に藤浪って明らかに阪神ファンを嫌ってるもんね(;^ω^)

前置きが長くなりましたが、藤浪スランプの原因。

それは、年間の投球数にあります。

2013年 2252球(1年目)
2014年 2844球(2年目)
2015年 3374球(3年目)

完全に投げさせすぎぃ!!!

肩は消耗品です。

調べみると年間3000球以上投げた投手は次の年ほぼ確実に怪我で戦線離脱か成績が悪化しています。

ましてや藤浪は高卒でプロに入ったばかりです。

スーパールーキーとは言え、まだ体が出来上がっていません。

しかも2年目からはフォーム修正に取り掛かっている段階です。

そんな投手に1年目からこれだけ投げさせたらおかしくもなるでしょう。

現に藤浪は2015年のオフに肩の炎症を起こしています。

しかし記事によればシーズン中から肩に痛みがあったとのこと。

まあコントロールが悪いから嫌でも球数は多くなってしまうのですが、まだプロに入って1~3年目ですからねえ、しかも高校野球では春夏と甲子園で投げてますから。

しかし首脳陣がこれだけ投げさせてしまったのは・・・

メッセンジャーの影響がデカいのだと思います。

メッセの投球数はこちら↓

2013年 3265球
2014年 3544球
2015年 3255球

3年連続で3000球以上投げているのに、怪我無く普通に投げています。

というか5年連続で「180イニング3000球160奪三振」を記録している規格外の化け物です!

俺は友達と冗談半分で「メッセは100球肩やでw」とか言ってた。

だから「メッセが大丈夫だから藤浪もある程度無理させても大丈夫やろう」的なノリで投げさせてしまったのかも知れない。

しかも中5日で登板させてましたからねえ。

そういうツケが今になって来てしまったという事なのでしょう。

ひょっとしたら今シーズンも藤浪は復活できないかも知れません。

思っている以上に長くかかってしまうかも知れません。

しかしファンは星明子並みに見守るのみです。

まとめ

という事で今回は藤浪のスランプの原因は球数にあるという事に付いて書きました。

去年の最後の方のピッチングを見て復活の兆候が見えたので期待していたのですが、紅白戦とオープン戦の投球内容を見る限りでは、ヤバそう・・・。

とは言えシーズン開幕までまだ1ヶ月あります。

その間に少しでも良い方向に向かう事を願っています!

以上 

スポンサードリンク



阪神タイガースランキング

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村