出典元matome.naver.jp

どうも、管理人ハヤトです。

ギター初心者の最初の壁というと・・・F

これによって年間何万人(?)もの挫折者を生み出しているという恐ろしいコードです。

実際に僕の周りでも、Fが弾けなくてベースに移行したというバンドマンもいます。

Fが難しいとは言え、せっかくギターを購入したわけですから挫折はしたくない。

ちなみに僕はFをちゃんと押さえられるようになるまで3か月もかかりました。

そういう苦い経験を踏まえて、今回はFを押さえられるコツや練習法。

そしてFが押さえられなくても弾けるオススメ練習曲を紹介したいと思います!

スポンサードリンク


Fコードを押さえるコツと練習法


出典元ameblo.jp

ギター初心者には非常に難しいF

Fのコードを押さえる上で難しいのが人差し指で1~6弦まで押さえる事とよく言われていますが、これってハッキリ言って気のせいですよ。

だって人差し指で1~6弦を押さえるのなんて誰でもやろうと思えばすぐできるでしょう!

「いやいや、それはお前ができるからだろう!?」と言われそうですが、Fを押さえる動作をする上で難しいのは人差し指で1~6弦までをバレーする事ではなくて、それ以外の3本の指をピンポイントで各弦に押さえるのが本当に難しいのです。

だって、こんな動きは日常生活では絶対にやらない動作ですからね。

仮にFの押さえ方が人差し指で1~6弦を押さえるだけだったら挫折する人はほとんどいないでしょう。

だからFを克服したかったら人差し指ではなく、それ以外の3本の指に意識を向けるべきなのです(あくまで僕の経験則ですが)

それらを踏まえてFを押さえるコツはただ一つ!

押さえられるまでひたすら練習しまくる!

「えーーーーっ!それだけかよっ( ゚Д゚)!?」

いや、本当にそれだけなんですよねえ(+_+)

教則本なんかでも、Fの押さえ方のコツが書かれていますが、そのコツの通りにできないから困っているのが初心者なわけですよ。

速弾きにしても、プロの人がみんな揃って言うのが『手の力を抜いて弾け』と言うのですが、言われて簡単にできる人は一部の天才だけで、ほとんどの人はできませんよ。
(僕なんかギター暦20年になりますが未だに脱力ができません・・・)

という事で、昨日今日ギターを始めた人がいきなりFを押さえられないからと言って凹む必要などありません。

それでは、挫折する事なくFを押さえられる練習法を紹介します。

まずは、ちゃんと押さえられなくてOK!左手は添えるだけ!

左手をFの形にするのが難しいのにそれに加えて弦をちゃんと押さえるなんて正に、二重苦ですよ。

いきなりちゃんと押さえようとせずに、まずは指板上でFの形を作る事だけに重点を置いて練習しましょう!

この時、右手(左利きの人は左手)はお休みですよ。というか弾いて音がちゃんと出なくても良いのです。

この段階では、手をダランとした状態からでもサッと手を指板上に持ってきてFの形に出来る事に重点を置いて練習しましょう!

テレビを見ながら気楽に押さえる練習をしよう!

とりあえずFの形にする事ができたら次はギターを見なくてもFの形を作れる練習です。

テレビもしくはPCを見ながらFの練習して下さい。

この時、コツとしてはテレビを見るついでにギターの練習をしているという意識でするのがベストです。

よく『ギターを練習する時はテレビなどを消して100%ギターに集中しろ!』というプロの人がいます。

しかし個人的には、集中し過ぎると力が入り過ぎるしおまけに疲れるので、ほどよく手を抜くのも大事と思っているのです。

それにライブをする時なんか、ギターだけでなく客席にも目線を向ける事も大事になってきます。

その予行練習も兼ねて『ながら練習』というのはFを押さえる練習だけでなく人前でカッコよく練習する事に繋がると思います。

カポで弦高を低くしてFを押さえよう!

Fの形がある程度できたら次はいよいよちゃんと押さえる段階です。

とは言え、ちゃんと押さえるのはまだ難しい・・・。

そんな時に便利なのが、カポタスト(略してカポ)です。

これをネックに付ければ、弦高が下がって押さえやすくなりますよ!

僕はこのカポのおかげでFが押さえるられるようになって、今まで楽しくギターライフを送れるようになったと言っても過言ではない!

ちなみに僕が最初に弾けた曲はゆずの『いつか』

ゆずの曲はいっぱいカポを使うので、初心者には本当に優しいです。

僕のようにカポを使用する曲を見つけて、楽しく練習すると良いでしょう!

スポンサードリンク


Fコードのない練習曲

と、今までFを押さえる練習について書きましたが、やっぱり難しい!

そんなアナタに僕がオススメするFのない練習曲を紹介します。


Good Riddance /Green Day

ギター初心者に『簡単な曲を教えて』と聞かれたら真っ先にこの曲をオススメしますよ。

超名曲と言っても過言ではない!

Green Dayの中でこの曲が一番好きですよ。

海外では結婚式でよく歌われる曲らしいですよ。

こんなに良い曲なのに、使用コードは『G.C.D.Em』の4つだけ!

もうね、これこそ才能ってやつですよ。メロディーセンス抜群でしょ!?

どれだけ理論や練習に時間を費やしても名曲を作れるとは限らない。

英語も比較的分かりやすい単語を使っているので覚えやすいと思います。
(僕は覚えられませんが・・・)

これをマスターして女の前で歌ったら絶対にモテるぞ!
(但しイケメンに限る)


チャットモンチー/恋愛スピリッツ

続いてこの曲も名曲ですよね!

初心者でガールズバンドを組んで何の曲やるか決まらないって場合はこの曲がオススメ!

ド頭のボーカルソロの後、3人で合わすのがちょっと難しいぐらいで他は簡単。

使用コードはなんと、AとDだけですよ( ゚Д゚)スゲー!

コードたった2つだけで、これだけのカッコいい曲を作れるんですよ。

ちょっと話がズレるけど、良い曲を作るには『何をやるか?』より『何をやらないか?』っていう思考が大事なのかもしれない。

ネットでFコードのない曲を探す方法

上に挙げた2曲以外でFのない曲を弾きたい!というわがままな人に良いサイトを紹介します。

Uフレット

これ、U-フレットっていうサイトで曲のコード進行が無料で見れます。

コード進行だけでなく、コードの押さえ方なんかも丁寧に書いてあるので初心者の人も安心して見て練習する事が可能です。

なので、Fが弾けるって人にもオススメのサイトとなっていますよ。

これ見ても分からない場合はYouTubeで弾いてみた動画を参考にして練習しましょう!

まとめ

という事で、今回はFコードについて長々と書きましたが、少しでも参考になれば幸いです。

それじゃあ、今すぐFの練習をしやがれ!

以上!

スポンサードリンク


にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村