どうも、管理人ハヤトです。

今年は、7月に広島岡山で大洪水があったり、連日の酷暑で地域によっては40℃を超す日があったりとやはり子供の頃と違って、地球全体が異常気象のような気がします。

僕の住んでいる草津市(滋賀県南部)では、比較的自然災害は少ない地域だと思うのですが、今後はどうなるか分かりませんよ。

滋賀県と言えば琵琶湖!

もし滋賀県に大雨が降った場合、琵琶湖の水がどれぐらい溢れてしまうのか気になりますよね。

という事で、今回は滋賀県のハザードマップで琵琶湖が洪水した場合どうなるのか調べてみました。

スポンサードリンク


ハザードマップとは?

その前にハザードマップというのを初めて聞いたという人もいると思うのでWIkiってみました。

ハザードマップ、あるいは被害予測地図(ひがいよそくちず)とは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものである。予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されている。

ハザードマップを利用することにより、災害発生時に住民などは迅速・的確に避難を行うことができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の低減にあたり非常に有効である。

要するに、洪水したら自分の住んでる地域が何メートル浸水するかが分かるというマップですよ。

例えば家やマンションを買う時、その土地は浸水するかどうか事前に調べておく事ができます。

「やった!凄い安い土地を買えたぜ!」と思ったら治水がちゃんとされてなくて大雨や台風で洪水被害にあって新築の家がほぼ全て浸水してしまったなんて事態を防ぐ事が可能です。

滋賀県の琵琶湖が洪水したらどうなる!?(滋賀県南部)

で本題になるのですが、琵琶湖の水が溢れてしまった場合はどうなのか?

琵琶湖のハザードマップはこんな感じです↓


出典元pref.shiga.lg.jp

これは滋賀県南部方面のハザードマップです。

色が付いている所が琵琶湖の水が溢れた場合、浸水する地域になります。

黄色の所は0.5m未満という事で、軽傷と言った所でしょう。

しかし水色となると1~2m、場所によっては大人の身長以上に浸水するので要注意です。

上記の地図でヤバいと思う地域は近江八幡市周辺ですよ。

紫色で塗られている地域は5m以上浸水すると予想される地域なので、住んでいる方はイザという時のために非常食等、用意しておくと良いのかもしれませんね!

スポンサードリンク


滋賀県の琵琶湖が洪水したらどうなる!?(滋賀県北部)

続いて滋賀県北部方面のハザードマップです。


出典元pref.shiga.lg.jp

南部に比べると、安全な地域が広いように見えます。

しかし長浜市と彦根市の一部で濃い青色で染まっている地域があり、そこは2~5m浸水すると予測されているので気を付けましょう。

自分の住んでる地域のハザードマップが気になる

という事で、琵琶湖が洪水したらどの地域がどれぐらい浸水するのかハザードマップで調べてみたのですが、やはり自分の住んでいる地域についてこの機会に調べておきたいという人もいるかと思います。

そう言った方のために滋賀県の公式HPにて「洪水ハザードマップリンク集」が用意されているので、各自でチェックしてみてください。

こちらをクリック→滋賀県の洪水ハザードマップ集

まとめ

という事で、今回は滋賀県のハザードマップで、もし琵琶湖の水が溢れたらどれぐらい浸水するのかについて調べてみました。

冒頭にも書いたようにこれから引っ越す方や新居を購入するという方は、必ずハザードマップをチェックしておきましょう。

広島岡山の大洪水はハザードマップに書かれた通り浸水していたので結構、信用できるマップと思われます。

またお金に余裕のある方は、今のうちに非難した時用の飲食物を用意する事をオススメします!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防災避難用 寝袋兼用リュック No.306
価格:16200円(税込、送料別) (2018/8/23時点)

これはさすがに高杉内・・・(-ω-)/

以上

スポンサードリンク